子犬がウンチを食べる理由と対策。餌の見直しがポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子犬 ウンチを食べる

はじめてワンちゃんをお家に迎え入れる人にとっては、毎日驚くことばかり。「うちの子だけが変わっているの?」と不安になる飼い主さんも少なくありません。

例えば、子犬がウンチを食べてしまうことがあります。これは「食糞」といって、犬にとっては普通の行動です。

特に子犬ではよく見られる行動なのですが、人間としては不快に感じてしまいます。でも一体なぜ子犬はウンチを食べるのでしょうか。

ここでは、

  • 子犬が自分のウンチを食べる理由
  • 母犬が子犬のウンチを食べる理由
  • ウンチを食べることの問題点
  • 食糞をやめさせる方法と対策

などについてご紹介します。

子犬がウンチを食べる理由について

消化器官が未発達な子犬の場合、ウンチの中に未消化のフードが混ざっています。なので子犬にとっては、「エサだと思い食べてしまう」のです。成犬になると食糞が見られなくなるのは、このためです。

他にも、空腹や退屈なども影響しています。

また、ウンチを食べることで、飼い主さんの関心を引こうとしているとも言われています。

母犬が子犬のウンチを食べるのは対策不要?

先ほど、「食糞は子犬の時に多い」と説明しましたが、母犬が子犬のウンチを食べることがあります。実はイヌ科では普通のことなので、特に心配する必要はありません。

母犬のこの行動は「子犬の排泄を促すため」なので、子犬が成長すれば母犬の食糞もなくなります。

また、巣の場所を特定されないように、子犬を守るために食べるともいわれています。いくら飼い犬だとしても、本能によるもので、子犬の命を守る母犬の愛情なのです。

子犬のトイレトレーニングが始まれば、だんだんとなくなっていきますので、特に対策する必要はありません。

ウンチを食べることの問題点は?

子犬の食糞はよくあることで、一度はどの飼い主さんも経験していることでしょう。

普通は自然となくなっていくのですが、中にはなかなかやめられない子もいるようです。

「自然となくなるものだから・・」といつまでも放置しておくのは、少し危険です。そのまま習慣化すれば、治らなくなることもあります。

また、犬に限らず、猫など 違う動物のウンチを食べてしまうことも考えられます。他のウンチの中には寄生虫などが混じっていることも多く、それを食べることで感染症にかかってしまう危険があるのです。

場合によっては 命を脅かす恐れがあるので、トイレトレーニングが始まったら食糞しないように注意してみてあげてください。

なによりウンチを食べるということは、人間の生活上でも衛生的ではありません。小さいお子さんがいる家庭であれば、特に注意が必要です。ウンチに興味津々な時ですが、ワンちゃんのためにも、きちんとやめさせるようにしましょう。

食糞をやめさせる方法と対策について

子犬 ウンチを食べる

食糞で自分に足りないビタミンや消化酵素を補っている場合があります。ビタミンや酵素というのは、子犬の月齢に合わせて変わってきます。普段の食事量では、必要な栄養素が足りていないのかもしれません。

対策としては、まずは「フードの見直し」が必要です。栄養バランスが整ったフードに変更にして、様子をみましょう。

この時、安いフードよりも値段が高いほうが栄養バランスを微調整できるので、不足しがちな栄養を効率よく補えます。

手作りの場合は、ビタミンに特化したものを与えてあげましょう。もし分からないようなら、かかりつけの獣医さんに相談してみてください。

また、以前 ウンチを食べた時に、飼い主さんが驚いたりしたことを覚えているので、「ウンチを食べれば、飼い主は自分に注目してくれる」と認識してしまっています。

なので、寂しい時や遊んで欲しい時に わざと食べて、飼い主さんの気を引こうとします。理由を聞くとなんだか可愛らしいですが、衛生的にもよくないので、心を鬼にして対策をしましょう。

効果的なのは、子犬がウンチを食べたとしても大きな声を出さずに 無視することです。声を出せば、子犬は自分に関心を向けてくれたと喜びます。

たとえ飼い主さんが怒っていたとしても、関係ありません。子犬は嬉しいのです。なので、そこはあえて無反応で対応しましょう。反応がないことでだんだんと治っていきます。

犬にも認知症はあります。人間と同様に、老犬になると症状を発症するようで、自分がどんな行動をしているのか分かっていません。

ワンちゃん自身がどうこう出来る状態ではないので、ウンチをしたら飼い主さんがすぐに片付けるようにしてください。

認知症を発症したワンちゃんをしつけるのは 無理なので、「ウンチとワンちゃんを離す」という物理的な対策が効果的です。近づけなければ食べることはありません。

餌の量を見直すこともおすすめ

食糞は、空腹が原因の場合もあるので、エサの量を増やす飼い主さんがいます。確かに空腹が原因であれば、量を増やすことで解決します。しかし、エサの量が多すぎ(食べ過ぎ)ても、ウンチを食べてしまうこともあるのです。

エサの量が足らない場合、空腹でウンチを食べてお腹を満たそうとします。反対に、エサの量が多い場合、食べ過ぎることで未消化を起こし、ウンチから美味しそうなニオイがしてしまい、食べてしまうのだとか。

子犬の体重や月齢に合わせて、必要なカロリーを正しく摂取することが大切になってきます。また、エサを1日1回にしているお家は、1日2回に分けてみてください。こうすることで、空腹になる時間帯が軽減出来ます。

自分の愛犬のエサが多いのか少ないのかは、子犬が成長するのと一緒に見直してあげましょう。