子犬の嘔吐。色からわかる原因や繰り返すときの対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

子犬 嘔吐

子犬は成犬に比べて消化器官が未発達です。よって消化不良などを起こしやすく、嘔吐することもしばしばあります。

原因がはっきりしている場合はすぐに対応も可能ですが、分からない場合は飼い主さんもパニックになってしまうこともあるでしょう。

ここでは、子犬の嘔吐に関して

  • 子犬の嘔吐の原因
  • 嘔吐で黄色の泡を吐く原因と症状
  • 嘔吐で白い泡を吐く原因と症状
  • 茶色の嘔吐物の原因と症状
  • 子犬の嘔吐物に血が混じる原因と症状
  • 犬が嘔吐と震え・血便・下痢を同時に起こす原因
  • 子犬の嘔吐後の食事について
  • 嘔吐後も元気なら様子見で良いかどうか?
  • 子犬が嘔吐物を食べる場合
  • 犬が嘔吐を繰り返すときの対処法

を、それぞれご紹介していきます。

子犬の嘔吐の原因は?

子犬が嘔吐する原因は、空腹時・早食い・水の飲み過ぎ・フードが固い・アレルギー・感染症・食中毒・熱中症・誤飲などが主な原因になります。

吐しゃ物の色を見れば、ある程度は 原因を判断することが可能です。

子犬が嘔吐で黄色の泡を吐く原因と症状

嘔吐したものが黄色い場合は、空腹が原因の可能性が高いでしょう。

子犬は成犬に比べると食事を小分けにして食べさせますが、食事から食事までの時間が長くなると空腹状態になり、胆汁が逆流します。人間と同じで 犬の胆汁も黄色(または緑色)をしており、胃腸の働きが低下すると嘔吐することがあります。

嘔吐する原因としては緊急性は低いですが、そのままにしておくと胃や食道に炎症が起きてしまい、別の問題が発生してしまいます。体調が悪化することもあるので注意しましょう。

黄色い嘔吐物の場合、基本的に食事量や回数・時間を見直せば治まるので、すぐに対応してみてください。

子犬が嘔吐で白い泡を吐く原因と症状

嘔吐したものが白い液体や泡状の場合は、水の飲み過ぎの可能性があります。ワンちゃんも人間と一緒で 唾液は透明なので、それが泡状になって出てきたと考えられます。

ただし、ストレスや胃酸過多、逆流性食道炎という可能性もあるので、同じような嘔吐を繰り返す場合は病院で診察してもらいましょう。

とはいえ、元気なのにいつも口から出ている場合は「よだれ」かもしれません。嘔吐とは別物ですが、よだれの場合はどこか体調が悪い可能性があります。または、変な物を食べてしまって中毒を引き起こしていることも考えられます。

いつもと様子が変だったり、ぐったりしているようならすぐに病院に行きましょう。ただのよだれならいいですが、そうでない場合は適切な処置が必要になります。

茶色の嘔吐物の原因と症状について

嘔吐したものが茶色の場合、原因の判断は難しいです。というのも、ドッグフードが上手く消化出来ずに吐き出しただけなのか、血が混じっているのかが分かりにくいのです。

消化不良での嘔吐であれば何度か繰り返します。そして胃の中が空っぽになると、嘔吐したものが茶色ではなくなります。それでも止まらない場合は、病気の可能性があるので注意しましょう。

また 茶色い嘔吐の場合、消化器官の炎症による出血が考えられます。自己判断が難しいので、分からなければすぐに病院へ行くことをお勧めします。嘔吐したものを写真に撮っておくと説明がしやすいでしょう。

茶色というより赤黒い場合は、出血の可能性が非常に高いので緊急度が高くなります。酷くなる前に処置をしてもらいましょう。

子犬の嘔吐物に血が混じる原因と症状

子犬 嘔吐

血が混じると、嘔吐物にピンク色や赤色が見られます。この場合、体内のどこかで出血をしている可能性が非常に高いので、様子見をするよりも早めに病院に行くようにしましょう。

考えられる出血場所は、口の中だけでなく 食道や胃・腸になります。炎症以外にも、胃潰瘍や腫瘍などが出来ている可能性があります。子犬はストレスを受けやすいので、気付かぬうちに胃潰瘍になっていたなんてことも意外と少なくありません。

大量に嘔吐した場合や明らかに出血を分かる嘔吐物の場合は、緊急度が非常に高いです。体を冷やさないようにタオルなどで包み、すぐに病院に行きましょう。病院が休みの日であっても、救急で行くなどしてください。

犬が嘔吐と震え・血便・下痢を同時に起こす原因は?

子犬は消化不良を起こしやすいので嘔吐や下痢というのはよくあります。しかし、嘔吐と下痢・血便も伴うとなると病気の可能性が高いので、病院で見てもらうのが第一です。

主な原因としては、胃腸炎や すい炎が考えられます。血便は下痢の影響で直腸や肛門が傷つき、その出血が便に混じったと考えられます。

他にも腸炎の可能性があります。大腸炎の場合、大腸の粘膜の炎症によるもので、嘔吐と下痢、血便を伴います。食事やストレス、誤飲、ウイルスなど原因はさまざまですが、抗生物質や下痢止めなどを服用することで症状が治まります。

病院では検便をします。下痢や嘔吐は体力をどんどん奪ってしまうので、早めの処置が望ましいでしょう。

そして最も怖いのが「パルボウイルス腸炎」です。万が一パルボウイルス腸炎になってしまうと、最悪2~3日で命を落とすことがある非常に怖い腸炎です。潜伏期間は5日ほどで、最初は下痢と嘔吐が続きます。その後血便が出るようになります。

パルボウイルスは 感染している犬のウンチから感染するので、散歩やドッグランでは注意が必要になります。主に子犬(月齢3ヶ月未満)に発症する病気ですが、ワクチンがあるので受けておくことをおすすめします。

子犬の嘔吐後の食事(餌・フード)はどうするべき?

嘔吐以外に目立った症状がなく 元気で嘔吐も連続的ではない場合でも、消化不良を起こしている可能性があるので、嘔吐後の食事は いつもより少量にするか与えないようにして様子を見ましょう。

半日~1日様子を見て特に問題がなければ、水を与えて徐々にいつもの食事に戻していきます。いきなりいつもと同じ量を与えるとまた消化不良を引き起こしますのでやめましょう。1日の量を3~4回に小分けにして与えてください。

逆に空腹による嘔吐の場合は、適切な量を与えているのか・時間の間隔は問題ないかと一度病院で相談してみましょう。子犬は月齢によって食事の内容などが変わるので、都度適切な摂取が必要になります。

嘔吐後も元気なら様子見で良いの?

子犬 嘔吐

基本的に犬は人間よりも嘔吐しやすい生き物なので、嘔吐した後 元気に遊んでいるようなら様子見でも大丈夫でしょう。単純に消化不良などが原因で少し吐いただけかもしれません。スッキリ!という顔をするワンちゃんもいるようですので、表情もチェックしてみてください。

ただし、嘔吐した後にぐったりしていたり苦しそうにしているなどの様子があれば、すぐに病院へ行きましょう。他にも熱や下痢などが伴う場合も同じです。また、元気な場合でも慢性的に繰り返すようなら、何かしら疾患が隠れている可能性があります。

特に嘔吐物に血が混じるようなら、緊急性が高いと判断してください。

子犬が嘔吐物を食べる場合は問題あり?

子犬が吐いたものをもう一度食べるようであれば、それは嘔吐ではなく「吐き出し」の可能性があります。

子犬は消化器官が未発達なので、フードが固かったり、大きかったりすると吐き出してしまうことがあるのです。一度は胃に入るのですが、数時間後に吐いてしまうこともあります。

この場合、嘔吐したものを見るとまだ形が残っていることが少なくありません。なのでエサと勘違いして食べてしまうのです。別に食べても問題はありませんので大丈夫です。

また、嘔吐と吐き出しは似て異なるものです。吐き出しの場合は食べますが、嘔吐の場合は食べません。そして吐き出しの場合、前に飛ばすような感じで吐きますので嘔吐との違いは比較的分かりやすいでしょう。

子犬の頃にはよく見られる光景で、大きくなれば吐き出しも自然となくなります。

犬が嘔吐を繰り返すときの対処法

犬が嘔吐をするのは珍しいことではありませんが、何度も繰り返すようであれば一度病院で診察してもらう方が安心でしょう。

慢性的に嘔吐するということは何かしらの原因があります。食事の問題なのか、ストレスなのか、それとも病気が隠れているのかなどは飼い主さんでは判断が出来ません。

たとえ元気だとしても急変する可能性があります。後悔しない為にもしっかり見てもらいましょう。

ワンちゃんも健康診断は必要です。「嘔吐はしても元気だしなぁ。」と迷っている人は健康診断も兼ねて見てもらうといいでしょう。嘔吐が慢性化するとポリープが出来たりすることもあるので早めの対処をしてください。