子犬のおすわり。教え方や嫌がる時のしつけ方

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

子犬 おすわり

犬を飼うなら、きちんと「しつけ」もしないといけません。そのしつけも大きくなってからでは時間がかかってしまうので、子犬のうちから始めておくとスムーズです。

今回は、

  • 子犬におすわりを教える時期
  • おすわりの教え方や練習方法
  • 子犬がお座りで後ろ足を伸ばす理由
  • 変な座り方、お姉さん座りについて
  • お座りできない場合の対処法
  • おすわりをしなくなった時や嫌がる時のしつけ

についてご紹介します。

子犬におすわりを教えるのはいつから?

子犬におすわりを教える理想は、【生後3ヶ月頃から】となっています。

生後3ヶ月頃は、好奇心が旺盛で 何にでも興味を持ち、そして教えたことをどんどん吸収する時期でもあります。

1日2日で出来るものではありませんが、根気よく教えてあげれば 必ず「おすわり」を覚えるようになるでしょう。

おすわりの教え方や練習方法について

おすわりの教え方ですが、しつけをする時は【ご褒美の存在】が必要不可欠です。まず、飼い主さんがおやつを持っていることを認識させましょう。ニオイを嗅がせると効果的です。

手におやつを持ったまま、高く上げます。子犬の目線が手に集中しているのを確認してください。そして、そのままのけぞるようになるまで 腕を上げましょう。

子犬はだんだん苦しくなって、自然と腰を落とします。この状態になったら、すぐにご褒美をあげてください。

何度もこの動作を繰り返していると、「腰を落とすとご褒美がもらえる」と認識できるようになります。

認識できるようになったら、号令をつけてみましょう。子犬が腰を落としたら「おすわり」と声をかけてください。繰り返していくうちに、腰を落とすことがおすわりだと認識します。

段々と慣れてきたら、ご褒美なしで褒めることだけにしていきます。根気がいりますが 大切なしつけなので、飼い主さんも頑張りましょう。

子犬がお座りで後ろ足を伸ばす理由は?

お座りを覚えたと思ったら、「何だか 後ろ足を伸ばしてる!」なんて経験はないでしょうか。実は この座り方には、ちゃんと意味があるのです。

犬が後ろ足を伸ばす状態の時というのは、お腹を冷やしている時です。暑いときなどによく見られますが、足を痛めている可能性もあります。

そのままの状態にしていると 足が変形する恐れがあるので、様子がおかしいようなら 一度病院で診てもらってください。

変な座り方、お姉さん座りは大丈夫?

子犬 おすわり

ワンちゃんがお姉さん座りをしているのもよく見かけますが、単なる癖なのか、関節を痛めているのかの見極めが必要です。

あまり気にしなくていいケース
ご飯を食べる時などは きちんとお座りができ、元気に歩いたり走ることが出来るのであれば、特に問題はありません。

お姉さん座りをしているときの状況が リラックスしている状態であれば、単にその姿勢が楽なんでしょう。

ただ、頻度が増えるようなら 注意して見ておくほうが安心です。

注意すべきケース
それまで全く変な座り方をしたことがなく、突然お姉さん座りをしたとなると、何か関節に異常があるのかもしれません。

痛みが出て 足を庇っている可能性があるので、すぐに病院で診てもらってください。

もし 生まれたときから崩して座ることが多いワンちゃんは、先天性関節異常の可能性があります。一度病院で相談してみましょう。

お座りできない場合はどうするべき?

人間と同じで、ワンちゃんも覚えるのが早い子、遅い子といます。根気よく教えれば どの子も覚えるので、焦らないことです。

また、少し手を貸してあげることで おすわりが出来るようになることもあるので、試してみてもいいでしょう。

後ずさりしてしまう
お座りをしようとすると 後ずさりしてしまう場合は、後ろに壁をあててあげたり、お尻を持ってあげるといいでしょう。

おやつに飛びつく
おやつに飛びつく場合、おやつを握っている手をただ高く上げるだけではダメです。飼い主の顎の近くまで手を引き寄せるようにしてみましょう。

ご褒美のおやつがないとしない
おやつ目当ての場合は、別のご褒美をあげましょう。いつもより褒めてあげる、お気に入りのおもちゃを渡すといったことでOK。

おやつはないけど「お座りをしたらいいことがある」と覚えさせてください。

おすわりをしなくなった時や嫌がる時のしつけ方

せっかく根気よく教えて お座りが出来るようになったのに、全くしなくなった!なんてこともあるかもしれません。

実は、「反抗期」が理由なんです。人間の子供と同じで、ワンちゃんにも生後4ヶ月~7ヶ月ごろに反抗期があります。

自我が芽生えている証拠で、成長を実感出来るので喜ばしいのですが、全く言うことを聞かなくなるというのは悩みの種です。

しかし、そのまま放っておくのはNG!犬の方が立場が上だと認識してしまえば、飼い主さんの言うことは今後も聞かなくなる恐れが。そうならない為にも、それまで以上に強い口調で注意するなど、強い態度で接してください。

飼い主さんも辛いでしょうが、ここは心を鬼にして しつけを続けましょう。