子犬の鳴き声の種類や意味。かすれるときは病気の可能性も!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子犬 鳴き声

子犬の鳴き声を意識して聞いたことは あまりないかも知れませんが、実は 声の高さや鳴き方から分かる 感情や病気などの情報は、たくさんあるんです!

今回は、子犬の鳴き声にスポットを当てて、

  • 子犬の鳴き声の種類や意味
  • 鳴き声のしつけ方法
  • 犬の鳴き声の苦情対策
  • 鳴き声が変にかすれる場合

をご紹介していきます!

子犬の鳴き声の種類や意味は?

高い声で鳴く時

子犬が高い声で鳴くのは、嬉しいときや楽しいときなど、「テンションが上がっているとき」が大半のようです。

しかし、非常に高い声で短く鳴くときは、痛みを訴えている場合もあるので 注意しましょう。

「ワンワン」

「ワン!」と高い音で大きく短く鳴くときは、嬉しい声。

リズミカルに連続で鳴くときは、楽しい声。

低い音で短く「ワン」はやめて欲しいとき。

連続して「ワンワン」というときは、警戒しているとき。

同じ連続でも、低い音で「ワンワンワンワン」というときは警告。

鋭い声で連続するときは要求です。

同じワンワンでも、いろんな意味があります。

「キャンキャン」

ご飯前やお散歩前などに「キャンキャン」と高い声で鳴くときは、おねだりをしている声です。テンションが上がってくると、このように鳴きます。

短く鳴いたときは、痛いとき。それよりも痛いときは「キャイーン」や「キャンキャン」と連続で鳴きます。痛くて仕方がないので、病院に連れていくなどの対処をしてあげましょう。

「クーン」

「クーン」と鳴くときも、音程に注目してみてください。

高い音で 弱々しく鳴くときは、不安や恐怖を感じているときです。まれに、痛みを感じているときもあるので、注意が必要。

高い音で「クーン」と伸ばすときは、服従を意味しています。ヘソ天(お腹を天井に向ける)しているときなどに、このような鳴き方をすることもあります。

低めの音で鳴いているときは、興奮している状態です。遊んでいるときや飼い主さんが帰ってきたとき、甘えたいときや要求時にも このように鳴きます。

「クンクン」

甲高い音で鳴くときは、おねだりや甘えている証拠。目の前に食べ物があるときは、「これ欲しい!」というアピールです。

逆に、弱々しく連続する場合は、不安やストレスが溜まっている状態。お留守番のときや もっと遊びたいときは、ほとんど この鳴き方になっています。

「ウーッ」

臨戦態勢の状態で「ウー!」と唸っているときは、威嚇や攻撃を表しています。身を守るときによく見られ、場合によってはそのまま噛むこともあります。

嫌なことをされているときは、警告の意味を含んでいるので、この鳴き方をしている時は 少し距離をとってあげましょう。

遊んでいるときにも「ウー」と鳴きますが、これは警告や威嚇ではなく、楽しくて仕方ないくらいに夢中になっているだけなので 安心してください。

また、何かを咥えながら唸るときは、「自分のものだ!」というサインです。私も、愛犬のお気に入りのおもちゃや餌を取り上げようとしたら、「ウー」と吠えられた経験があります。

子犬の鳴き声のしつけ方法について

子犬 鳴き声

子犬は感情を表すために鳴いているので、一概に悪いものではありません。ただし、鳴きすぎると 近所迷惑にもなりますので、しつけは必要です。

何かを要求しているときに鳴く「要求吠え」のしつけとしては、「我慢を覚えさせること」です。すぐにエサをやったり 遊んだりするのは、しつけになりません。鳴いていても無視するなどして、我慢を覚えさせましょう。

来客やチャイムに反応して鳴くときは、飼い主さんが物を落としていることがバレないように、子犬のそばに物を落とすなどして、嫌がることをします。「鳴く=嫌なことが起きる」と理解すれば、鳴くことはなくなります。

吠えるのをとどまったり、我慢することが出来たら、思いっきり褒めてあげてください。子犬は 褒められるととても喜び、こうした積み重ねで無駄吠えはなくなります。

犬の鳴き声の苦情対策はどうすればいい?

もしご近所から鳴き声に対して苦情があった場合は、放置せずにしっかり対応していくことが大切です。ご近所トラブルにもつながりかねないので、きちんとお詫びと対処をしていきましょう。

無駄吠えを無くすために出来るのは、「犬のしつけ」です。上手くいかないときは、しつけ教室やトレーナーなどのプロに預けてみましょう。

次に、窓を閉める、防音材を壁に貼るなどの「防音対策」も効果的です。お金もかかり、完璧に鳴き声を聞こえないようにするのは難しいので、根本的な解決にはならないでしょう。

苦情をそのままにせず、しっかり対応することをおすすめします。

鳴き声が変にかすれる時は病気のサイン!?

「鳴き声がかすれている」と感じたときは、要注意!気管や咽頭・声帯に、何かしらの異常がある可能性があります。

直前に興奮して大声で鳴き続けていたのであれば、喉を痛めただけで すぐに治るでしょう。その場合は、様子見で大丈夫です。

年齢やかすれ具合によっても隠れている病気は異なりますので、参考にしてみてください。

老犬
老犬の場合、心臓病の可能性が高いとされます。体が弱っている状態なので、ちょっとした咳でも命に関わる危険があります。とても苦しい状態なので、すぐに病院へ連れて行きましょう。

気管支炎
ウイルスによる伝染性気管支炎の場合、咳の他に発熱を伴います。重篤化すれば 肺炎を併発して、命を落とすこともある怖い病気です。

自然治癒も可能ですが、病院で適切な治療をしてもらう方がいいでしょう。

気管虚脱
小型犬に多い病気で、ガチョウのような鳴き声になります。症状が酷くなれば、呼吸困難を引き起こすこともありますので、治療が必要です。

肥満体質なワンちゃんに多いので、太り気味なワンちゃんはダイエットをさせましょう。

一時的に治るものもありますが、老犬や月齢の低い子犬の場合は 特に体力もないので、長引くようであれば、病院で診察してもらうのが一番です。