犬は桃を食べていいの?アレルギーや与え方まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

犬 桃

瑞々しくて甘くて美味しい。ワンちゃんが何だか食べたそうにしているけど、桃って犬が食べても大丈夫なものなのでしょうか。

ここでは、

  • 犬は桃を食べていいの?
  • 桃を与えて大丈夫な時期
  • 桃の栄養素や犬への効果
  • 与える量やアレルギー症状
  • 桃の種は取り除くべき?
  • おすすめの与え方

についてご紹介します。

犬は桃を食べていいの?

答えは「大丈夫」です。桃には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘がちなワンちゃんにはぴったりの果物なのです。

また、水分が多い果物なので普段あまり水を飲みたがらないワンちゃんや、夏場の水分不足にも桃はもってこいとなっています。

ただし人間同様にワンちゃんの中には桃にアレルギー反応を示す子もいます。初めて食べさせる時は少量だけにし、食後1~2時間は様子を見るようにしましょう。

桃にはたくさんの糖分が含まれるので食べ過ぎはいけません。適量をあげるようにしてください。

桃を与えるのはいつから?

普段から普通にドッグフードを食べられるなら与えても大丈夫です。生まれたばかりの子犬の場合は消化器官が未発達なのでやめておきましょう。消化不良を起こしてしまう危険があります。

老犬になると水分不足になりがちです。また食も細くなってくるので栄養価の高い果物は食べやすくておすすめ。栄養素が豊富なのでぜひ食べさせてあげましょう。

桃の栄養素や犬への効果について

桃は80%以上が水分で出来ています。水分不足が気になるワンちゃんや夏場の暑さ対策にはぴったりの果物です。また食物繊維が豊富に含まれるので便秘解消にも効果的です。

他にはビタミンやカリウム、ミネラルなどの栄養素も含まれます。少量でもしっかり栄養が取れるので食欲がない時などにもいいでしょう。

カリウムは利尿作用があるのでたくさん摂取するとおしっこの回数が増えたり、おもらしをしてしまうことがあります。血圧を下げる効果がありますが、摂りすぎはよくありません。

また食物繊維は大量に摂取すると下痢を引き起こします。下痢になると体力を奪われてしまうので注意が必要です。

そして桃には糖分がたくさん含まれるので、食べ過ぎは糖尿病や太ってしまう可能性があります。人間と同じで食べ過ぎはいけません。適量を守るようにしてください。

与える量やアレルギー症状について

犬 桃

目安は20gほどですが、超小型犬の場合は10gほどにしておきましょう。人間でいうと20gは2口程度になります。これ以上は食べ過ぎなので注意してください。おやつの代わり、フードのトッピングといった感じで与えるといいでしょう。

またワンちゃんの中には桃に対してアレルギーを示す場合があります。目が充血する、体痒そう、嘔吐、下痢、蕁麻疹、元気がないといった症状がある場合はすぐに食べさせるのはやめて病院へ連れて行きましょう。病院では焦らないように症状をメモしておくとベター。

アレルギーは場合によっては命に関わることがあります。初めて桃を与えるときは極々少量にして、しばらく目を離さないよう様子を見てあげてください。

桃の種は取り除くべき?

桃を与える時は必ず種は取り除いてください。万が一種を飲み込んでしまっても消化出来ずに、最悪の場合は手術になることもあります。

種が大きいと喉に詰まってしまい呼吸が出来ないなんてこともあります。命をおびやかす可能性が非常に高いので必ず種は取り除いてください。

また丸ごとあげるのは絶対禁止です。量が多いだけでなく、先ほど記載したように種を飲み込んでしまう危険があるからです。必ず食べやすい大きさ、または細かく刻んで与えるようにしてください。ジュースにしてもいいでしょう。

もちろん皮も剥いてから与えてください。消化不良を引き起こしかねません。

おすすめの与え方は?

桃は加熱すると栄養素がなくなってしまうので、必ず生のまま与えるようにしてください。

そして熟しているものを与えましょう。完熟していない桃にはアミグダリンという毒素が含まれます。人間にはあまり害はありませんが、犬のような体の小さい生き物が口にすると害を及ぼします。

また食べ過ぎを防ぐためにも少量ずつ与えることが出来るよう小さく切ってあげるといいでしょう。ドッグフードにトッピングしたり、いつものおやつの代わりとして与えてください。

桃の缶詰はNG。缶詰はシロップで煮ているのでワンちゃんには糖分が高すぎます。栄養価も低いのでワンちゃんには不向きでしょう。