犬の花粉症。症状や対策、目薬について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

犬 花粉症

花粉症で悩んでいる人は多いですが、なんと犬も花粉症になることがあるんだとか!

できることなら予防してあげたいですが、マスクやメガネをかけさせるわけにもいかないので どうすればいいのか分からない飼い主さんもいらっしゃると思います。

ここでは、犬の花粉症に関して

  • 犬も花粉症になるの?
  • 花粉症になりやすい犬種
  • 犬の花粉症の症状
  • 犬のくしゃみや咳は花粉症が原因?
  • 花粉症で犬の鼻水が止まらない時の対策
  • 犬の花粉症対策のやり方やアイテム紹介
  • 犬の目やに・涙に効く目薬

についてご紹介します。

犬も花粉症になるの?

犬も人間同様に花粉に対するアレルギー、花粉症になります。梅雨頃から夏にかけてくしゃみが止まらなかったり、鼻水が出るようなら花粉症の可能性があります。

ですが、いわゆる人間に出る花粉症の症状とは少し異なり、鼻炎系の症状はそう多くありません

皮膚に湿疹が出来たり赤みが出たりするのが特徴で、アトピー性皮膚炎のワンちゃんは花粉アレルギーが出やすくなります。

花粉症になりやすい犬種とは?

花粉症になりやすい犬種と、そうでない犬種がいます。ペットで人気の柴犬やシーズーなどは、花粉症になりやすい犬種です。

他にもウエストハイランド・ホワイトテリア、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ゴールデンレトリーバーなどもなりやすいと言われています。

これらの犬種はアトピー性皮膚炎になりやすい体質なのだそうです。花粉に対して細胞が反応しやすく、皮膚炎にかかりやすいのです。

花粉症になりやすい犬種を飼っている飼い主さんは注意してあげましょう。

犬の花粉症の症状について

犬の花粉症の症状は、人間の花粉症とは少し異なります。人間の場合、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど鼻や喉、目の粘膜を刺激して症状が出ますが、犬の場合は主に皮膚に症状が表れます

もし自分のワンちゃんが花粉症かな?と思ったら下記の症状がないか見てみましょう。

  • 口や関節周辺に湿疹や赤みが出る
  • 耳に湿疹、外耳炎
  • 掻き跡が膿む または 炎症
  • 目の周辺が赤くなったり、毛が抜ける
  • 鼻水やくしゃみ

アトピー性皮膚炎などとは違って、花粉症の症状は季節性です。毎年同じ時期になると症状が出るという場合は花粉症の可能性が高いでしょう。

そのままにしておくと悪化する恐れがあるので、病院で治療してもらうのがベターです。

犬のくしゃみや咳は花粉症が原因?

犬 花粉症

犬のくしゃみや咳は花粉症以外にも原因はあります。風邪や鼻炎の場合もくしゃみや咳が出るので、区別は難しいでしょう。他にも歯周病が原因の場合もあります。

また、ハウスダストが原因になることもあります。くしゃみや咳が一過性のようなら掃除をこまめに行い、デンタルケアなどを一度入念にしてみてください。

鼻水が酷くて鼻血が出るようなら、花粉症ではなく鼻炎や鼻腔になにかしらの異常があるかもしれません。放っておくと別の病気を発症する危険があります。

花粉症で犬の鼻水が止まらない時の対策

犬は鼻をしきりに舐めるので、「鼻水に気付くのが遅くなった」という人もいます。もしワンちゃんが花粉症の疑いがある場合は、鼻水の状態にも注意しましょう。

もし花粉などアレルギーに反応している場合、ポタポタと鼻水が垂れてきます。放置しておくと悪化する可能性があるので、病院で診察してもらってください。

鼻腔内が炎症すれば、化膿したり 鼻周りの皮膚が炎症を起こすこともあり、呼吸もしづらい状態になります。

鼻水の原因が花粉症の場合、ステロイドや抗生物質を投与して経過観察します。

鼻水が止まらないようなら、ティッシュやガーゼで優しく拭き取ってあげましょう。鼻水が固まっている場合は、擦らずに濡れたタオルなどでふやかしながら取ります。

犬の花粉症対策について

犬の花粉症の原因は、ブタクサオオバコなどが考えられます。花粉症なのであれば、それらに近づかないようにするのが重要です。天気予報などを確認し、花粉が多い時は散歩を短めにする、草むらには立ち入らせないなどの対策をしましょう。

また、犬の花粉症は皮膚炎になりやすいので、散歩の時はウェアを着せるのがおすすめです。肌に花粉が付かないので、対策としては効果的です。最近では 犬用のアレルギー対策ウェアなども販売しているので、試してみてもいいでしょう。

散歩後は、固く絞った濡れタオルで全身を拭いて、花粉を取り除いてください。そして、ブラッシングをして毛の間の花粉も掃います。おすすめのアイテムは、床拭き用のドライシートです。使い捨てで薬剤が付いていないものを選びましょう。ブラシよりも花粉が飛び散らず手軽です。

皮膚炎が気になるときは、シャンプーの回数を増やすしてみてください。週1~2回が理想的です。しっかり泡立ててシャンプーした後は保湿剤を使って乾燥を防ぎましょう。

犬の目やに・涙に効く目薬はある?

犬用の目薬があるので、目やにや涙が気になるときは使ってみましょう。応急処置であれば人間用でも問題はありません。ただし、犬種や個体によっては人間用では刺激が強すぎる場合があるので、専用の目薬の方が安心です。

最近ではインターネットでも購入可能です。ただし、目やにや涙の原因が特定されていない場合は、病院で診察をしてからにしましょう。症状に合ったものを使用しないと、トラブルに発展する可能性があります。

人間と同じで、目薬を点すことで症状を和らげることが出来ます。花粉症シーズンなどは手元に置いておくと安心でしょう。