子犬がご飯食べない。月齢別の理由と対処法まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子犬 ご飯食べない

子犬が餌を食べていないと心配ですよね?

月齢別に原因を調べてみると、どうやら ご飯を食べない理由は体調不良だけではないようです!

ここでは、

  • 月齢別のご飯を食べない理由と対処法
  • 元気な場合は様子見で大丈夫なのか?
  • ご飯を食べない時に吐く黄色い液体の正体
  • 下痢でご飯を食べないときの対処法

について、それぞれご紹介していきます!

最後まで読んでいただくと、「あ、そういうことだったのかぁ~」と安心していただけると思います!

生後2ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

生後2ヶ月は子犬にとって、まさに「食べ盛り」!そんな時にご飯を食べないのは異常事態です。

まず、「エサそのもの」を見直してみましょう。

ペットショップで食べていたものと違う場合や、子犬でも「不味い」と判断した場合、エサを食べないことがあります。

逆に、同じエサを与えているのに食べないのであれば、味に飽きている可能性があります。いろんなバリエーションのエサを用意してみてください。

エサだけでなく、「おやつの与え方」にも注意です。タイミングや与えすぎには注意しましょう。

生後3ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

生後3ヶ月の子犬は、元気いっぱい!たっぷり寝て遊んで、ご飯はガツガツと勢いよく食べ、あっという間にお皿が空っぽになるような時期です。

エサを食べない状態が続けば、低血糖になって病気になったり、怪我などをした際の回復が遅くなったりするので注意しましょう。

まず考えられるのは、「遊びすぎによる食欲不振」です。遊ぶことも大切ですが、1日2回くらい・それぞれ30分程度にして、疲れさせないようにします。

次に、「エサの状態」です。それまではふやかしたものを与えていましたが、3ヶ月はカリカリで食べさせる時期になるので、カリカリに慣れておらず 食べないことがあります。

個体差があるので、食欲が落ちているのであれば 無理にカリカリに移行する必要はありません。少しずつ慣れさせてあげましょう。

生後4ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

生後4ヶ月は、成犬のおよそ半分の体重になる時期で、また、子犬が「反抗期」を迎える時期でもあります。

特に疲れているわけでもなく、エサも変わっていないのであれば、反抗期が原因で ご飯を食べないのかもしれません。

反抗期でもお腹は空くので、しばらく放置していれば いつの間にか食べていることがあります。

生後5ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

4ヶ月の時と同じで、反抗期真っ只中の生後5ヶ月。また、月齢的に この頃はどうしても食欲が落ちると言われています。

ご飯を食べない時は、「じゃあもう終わり!」といって片付けちゃいましょう。そうすると案外食べるようになります。

そのままにしておけば ワンちゃんの健康にも影響を及ぼしかねないので、全く食べないようなら、一度 獣医さんに相談する方がいいでしょう。

餌を工夫してみるのもおすすめです。それまで 市販のフードを与えていた場合、ささみを茹でた物や豚肉のスペアリブを茹でた物など、いつもと違うものを与えると食べることがあります。

生後6ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

生後6ヶ月になると、さらに体格がしっかりしてきて、成犬と同じくらいの大きさになるワンちゃんもいます。

フードを子犬用から成犬用に移行していく時期で、食事回数も 1日3回から2回に変わり、1回の食事量が増えます。

その過程で、なかなか慣れないワンちゃんは フードを食べなくなることがありますが、無理に移行する必要はないので、今まで通りの 1日3回食に戻してあげましょう。

生後7ヶ月の子犬がご飯を食べない理由と対処法

生後7ヶ月を過ぎてくると、フードも成犬用に切り替えていきます。

食べなれていないフードに抵抗して、食事量が急に落ちることがあります。そんな時は、少しずつ切り替えていけば大丈夫です。

子犬用フードは 月齢に分けて販売されているので、そういうのを利用してもいいでしょう。手作りフードもおすすめです。いろんな工夫次第で興味を持ち、食べるようになります。

生後4ヶ月~8ヶ月ごろまでは 反抗期が続き、本当は食べられるのに 飼い主を困らせるために食べないなんてこともよくあります。根気よく付き合ってあげましょう。

ご飯を食べなくても 元気な場合は大丈夫?

子犬 ご飯食べない

ご飯を食べなくても1~2日は元気なので、特に心配していない人もいるようですが、体を作る子犬の時期にしっかり食べていないと、成犬になった時に支障をきたすこともあるんです。

例えば 食べる量が少ないまま成長したとき、体力の回復が遅くなるといわれています。病気や怪我をしたときに 長引いてしまい、ワンちゃんにとって かなりの負担になるので要注意!

また、何日もご飯を食べないとなると、低血糖を招く危険があります。痙攣したり、嘔吐するなどの症状が出れば、体への影響は計り知れません。

無理やり食べさせるのもよくありませんが、全く食べないのもダメ。低血糖を防ぐためにも、食事はしっかりとるようにしましょう。

ご飯を食べない時に吐く黄色い液体の正体

ご飯を食べていなければ、当然お腹が空きます。子犬は、お腹が空きすぎると 胃酸を吐きます。

胃酸は黄色をしているので、吐しゃ物を見て驚く飼い主さんも多いようです。

子犬の嘔吐。色からわかる原因や繰り返すときの対処法

下痢でご飯を食べないときの対処法は?

子犬は、消化器官がまだまだ発達していないので、ちょっとしたことで下痢になることがあります。

もし、ワンちゃんが下痢でご飯を食べないときは、無理に食べさせずに 病院で診察してもらうといいです。

下痢の場合、消化管を休ませるために絶食させることがあります。医者の指示に従って、エサを与えないようにしてください。

下痢が治まってきたら、少しずつ消化の良いものを食べさせてあげましょう。